こーへいのブログ

暇つぶしに覗いていってください。

早く上達させたいならセンス問われるのは教える側な回

今回は、センスって何かなぁとふと思ったのでそれについて書きたいと思います。

 

僕は競泳を専門種目として取り組んでいます。競泳は決められた距離を決められたルールの中でいかに速く泳ぐかという種目なので、選手はどうしたら速く泳げるかを考えながら練習しています。全選手がそうしているにも関わらず速さは当たり前のように異なります。

その速さが違う理由の説明で僕がよく使う言葉がセンスです。ほとんどの人がそのように言ったら折り合いをつけて納得してくれるので特に考えもしませんでしたが、センスってなんなのでしょうか。

 

少しだけ考えて出した結論としては、“こうしたら事態は改善するんじゃないかって勘”です。

競泳であればこの勘があるひとほど、「自分が速く泳ぐのを妨害しているのはこれだろう」となるのでじゃんじゃん速くなるわけです。

 

センスの正体が分かったところで別にセンスがある人には勝てないから知ったところで意味ない気がしますがそんなことはありません。

気持ちの面で大いに意味があります。

 

例えば、自分がセンスのかけらもない掃除を任されたとして、センスのかけらもないので自分の中でやれるだけやったのに文句を言われたとしましょう。

センスの正体が分からない状態では、自分のセンスのなさに絶望し依頼人を逆恨みする事しかできなかったはずです。

しかし正体がわかった今であれば、自分に任せる時点で依頼人も人を見るセンスがないんだと同情する余裕が出てきます。

この2つでどちらの方が心が楽かは言うまでもありません。センスの正体を知るのも意味があったと思いませんか。

 

ここまでセンスに関して書いてきましたがいかがでしたでしょうか。僕は書きながら指導者にはなりたくないなと思っていました。僕みたいなしょーもない生徒がいる可能性があると思うと辛過ぎますから。

最後に今日の一曲

f:id:aiverson:20200524161122j:image

BENNIE K 『Dreamland』

10年前ぐらいの曲を聴くのが少し僕の中でブームなだけです。1年に何度かこのブームくるんですよね。まぁどーでもいいですけど。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ものは言いような回

他人の苦労話を聞くたびに自分はそんなに苦しめられてないから良い人生送ってるなーと幸福度が上がるので是非苦労話を色々聞きたいなとか思ってる今日この頃です。

こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20200224140007j:image

今回の一曲 ファボラス『My Time』

これは総合格闘家堀口恭司選手が入場曲で使用している一曲です。カッコいいですし曲名が好きです。大事な時の前に聴くとゾクゾクできるので是非聴いてみてください。

 

 

今回は久しぶりにTwitterで募集し続けてるお題箱https://odaibako.net/u/Kohei_aibaにきたお題で書いていきます。

そのお題はこちら。

f:id:aiverson:20200224140811j:image

最後までどうぞよろしくお願いします。

 

 

早速本題。

今のチームは一言で表すと、関西で2、3番で全国で20番以内に入れるぐらいのチームです。

このチームが競技レベルが高いと感じるかどうかは読んでくださる人にお任せしますのでこれ以上書くことはありません。

 

とはいえ、ここで終わると短すぎる気がするのでもう少しチームに関して書こうと思います。

どのようなチームが理想かという話です。

僕は、他人にいちいち口出ししないチームが理想だと思っています。

“いちいち口出ししない”の部分が上手く伝わらないと、誤解を生みそうなのでちゃんと説明します。

僕の中で“いちいち口出しする”というのは何かしている時にわざわざ否定的なことを口に出して言ってくるということです。人間の脳は思い込みによって発揮されるパフォーマンスが変化することがわかっているので、そのような人がチームいない方が良いわけです。

要するに周りに肯定的な人しかいないチームが理想だってことになるのですが、初めからそのように書くと独裁者になりたい願望がだだ漏れで品がないように感じたので少し遠回しに書いてみました。

 

 

お題が短すぎたので少しだけ理想のチームについても書いてみましたがいかがでしたでしょうか。僕には堂々と独裁者になりたいと書く勇気はありませんでしたがいつか欲望剥き出しのを書いてみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。

好きな漫画見つけたから語りたい回

自粛期間は無料公開されている本が多くて助かるなと思って過ごしています。

こんにちは。こーへいです。

 

今回はタイトルの通り好きな漫画を見つけたので語る回になります。

自粛期間が長く続いており、家で時間を持て余している人もいると思うのでそんな人は是非今から紹介する漫画を読んでみてください。

それでは今回もどうぞよろしくお願いします。

 

 

今回見つけた好きな漫画というのがこちら

f:id:aiverson:20200430182112j:image

『図書館の大魔術師』でございます。

本の帯にもあるように30万部を突破している結構売れてる漫画なのでご存知の方も多いかと思いますが、さも僕が最初に見つけたかのような気分で語らせてください。

 

まずはどんな話かを最大限に簡単にいいますと

“小さな村に暮らす容姿が周りと異なる為に迫害されている少年が大都会から来た使者と出会って成長する”ってお話です。

 

この漫画の何がオススメポイントかというと、王道ど真ん中のストーリーです。

主人公は迫害される側のキャラで、そこに現れる主人公に希望を与える大人。その背中を追いかけて成長し周りの評価も覆していくありがちな話。これが良いんです。

ありがちなくさいセリフもしっかりあります。f:id:aiverson:20200504173717p:image

王道は1番多くの人を惹きつけるから王道なんだって再確認できます。

 

「そんなわかりやすい話よりも伏線が張り巡らされてる回収されるまではもやもやした話のが好きなんだよ!」って思っているミステリ小説大好きな人も安心して是非読んでください。

分かりやすい典型みたいな話の展開の中にも考察要素は充分に散りばめられています。

例えば表紙で当たり前のように書かれている原作と著者ですが、どちらも実在しないものです。「じゃあ書いた原作者はどんな人?」「風のカフナって誰を指してるの?」などなど思考させる要素は十分にあります。

 

どうしても読んで欲しい故に中身を何一つ触れていないので伝わりづらい気がしていますが、要するに“ムッチャ面白いから読んで!”ってことです。

もし読まれた方がいらっしゃいましたら是非とも連絡ください。語り明かしましょう。

 

 

最後に今日の一曲

f:id:aiverson:20200508152834j:image

ベイビーレイズJAPAN『SHOW TIME』

明日のこととか一旦忘れて、今日の今この瞬間に全力投球って感じの一曲です。ベイビーレイズJAPANは応援ソングが多いので聴いてて元気が出ますのでこの機会に是非1度聴いてみてください。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

試合をまとめて振り返る回

周りがあまり褒めてくれないのに自分も自分を褒めない人は人生自主的にハードモードにもっていってて凄いなとか思って今日も生きてます。こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20200224102854j:image

今日の一曲 ベイビーレイズJAPAN『ラブレター』

なぜか聴きたくなって聴いて泣きそうになりました。グループが解散して1年と半年ぐらい経つんですね。時が過ぎるのは振り返ると早いです。

 

 

今回は去年の終わりの方の試合から2週間前にあった試合まで計5試合を一気に振り返っていきます。各試合毎に振り返っていればこんなことにはならないのですが、サボりまくってたので一気にいきます。そのため、1試合毎の感想は短くなりますがご容赦ください。それではいきます。

 

 

11月16~17日 秋葉山選手権(長水路)

100mバタフライ

予選 55.74 前半 25.74 Best🔥🔥

決勝 55.80 前半 25.41

50m自由形

予選 24.28   Best🔥🔥

この試合は出場レース3に対してBestが2あるのでおそらく良い感じだったのだと思います。もう去年の話なのでほとんど覚えていないですけどきっと良い感じでした。

 

11月30日~12月1日 関西学生冬季公認(短水路)

50mバタフライ

タイム決勝 24.14 Best🔥🔥

100mバタフライ

タイム決勝 52.89 前半 24.54 Best🔥🔥

200mバタフライ

タイム決勝 2:02.23 前半 55.92 Best🔥🔥

この試合は出場レース全てBestなのでめっちゃ良かったのだと思います。泳いでた感じとかはもう1ミリも覚えていませんが。

 

1月11~12日 和歌山県短水路(短水路)

50mバタフライ

予選 24.31

B決勝 24.30

100mバタフライ

予選 52.99 前半 24.59

B決勝 53.01 前半 24.59

200mバタフライ

予選 2:01.93 前半 55.49 Best🔥🔥

B決勝 2:06.66 前半 56.65

この試合は結構しんどかった気がします。200mバタフライのしんどさが想像を遥かに超えてきて試合を丸ごともっていかれた感じだったと思います。レースの申し込みはもう少し気をつけてしようと思った試合でした。

 

1月25~26日 浜名湾(長水路)

50mバタフライ

タイム決勝 25.86 Best🔥🔥

100mバタフライ

タイム決勝 55.43 前半 25.45 Best🔥🔥

50m自由形

タイム決勝 24.26 Best🔥🔥

この時は全レースBestでしたが全部もう少し速く泳げるかなとか思っていました。自惚れが凄いですよね。ごめんなさい。反省してます。

 

2月8~9日 わかやまオープン(短水路)

50mバタフライ

予選 24.49

決勝 23.90 Best🔥🔥

100mバタフライ

予選 52.77 前半 24.72 Best🔥🔥

決勝 52.52 前半 24.15 Best🔥🔥

50m自由形

予選 23.50 Best🔥🔥

最近の試合ですが、良く頑張って泳いだなって感じです。予選決勝でBestを出すなんて中学生ぶりだと思うのでラッキーなことはあるもんですね。ついてました。

 

 

ざっと振り返っていきましたがいかがでしたでしょうか。僕の感想としては、運が良いなって思いました。Bestが出る確率は50%なはずなのにこんなにだせてるのは高校の時の運が一気に流れてるからだと予想してるので、こっからが大学での運な気がしています。はてさて大学での僕の運勢はいかに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

前向きな性格だって思われがちな僕の行動パターン

2020年になってから初めての記事になりますね。昨年はご贔屓にしてくださりありがとうございました。今年も何卒よろしくお願いします。

とまぁ年初めの挨拶はこんな感じにしておきまして、こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20200202232301j:image

今日の一曲 chelmico『Easy  Breezy』

去年同期に教えてもらって好きになったアーティストの一曲。とにかく好きに自由にやりたいことやってる感が最高です。是非聴いてみてください。

 

前回の記事から大分間が空きましたが、特に病に倒れたり忙しかったりしたわけではないので、そこのところはご安心ください。(誰も心配してねーよってツッコミは無しでお願いします)

今回は2020年最初の記事なので何か特別なことを書こうと思ったのですが、柄じゃないとの結論に至りました。そのため、過去の記事同様に日常から少し考えたことを書いていこうと思います。“ポジティブな思考をしているように見える裏で考えていること”って内容で書いていきます。最後までどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

今回考えるきっかけになったのは、部活の同期との会話です。その中でなんかの話のときに「相羽ちゃんは調子が悪そうに見えるときに調子を聞くと、良い感じって返すからポジティブだね」的なのを言われた訳です。「お、ポジティブじゃなくてもそうみられることもあるのか」と僕は思いましたが、誤解は一応解いておかないといけない気がしたのでここで本当のことを書いておこうと思います。

 

では、3つほど例を出して書いていきます。

まずは、よく言われる「引きずらないよね」ってやつです。これは本当のことなので否定しませんが、前向きに考えてるからとか自信があるからとかでは全くありません。真逆です。めちゃくちゃ自分に対する期待値が低くて他人任せだから引きずらないのです。

ちゃんと説明しますと、悪い出来事を引きずる人ってのは自分への期待値が高く、いつか悪い出来事も好転させることが出来るはずだと信じている人な訳です。僕は全くの逆で、今日の自分では手も足もでないからなんとか出来るって考えるだけ無駄だと決めつけて、きっと明日の自分は今日の自分とは違うんだからなんとか出来るでしょ明日の自分頑張れ、とかいうクソ人間思考なのです。圧倒的な諦めの早さと他力本願姿勢。これが引きずらない理由です。

 

次は、「苦手そうなこと良くできるよね」ってやつです。僕は競泳をやっていて短い距離が得意なのですが、試合で短い距離の種目しか出ないわけではなく長めな距離の種目にも出るのです。それでまぁ言われるわけです。

これに関してはシンプルに周りが苦手だと思っているだけで別に苦手だと思ってないってのが理由にあります。僕の周りの人は、成果の出ていないものをみると苦手なんだなと思っちゃう人が多いみたいですが、その思考はいかがなものかと思ってます。現実には上手じゃないけど好きなことってあるじゃないですか。それを否定してしまってる感があるので本人が苦手だって宣言するまでは周りが決めないで良いと思うんですけどね。話が少し逸れていってるからこの辺にします。

 

最後に、「ヘラヘラしてるよね」ってやつですね。間違いなくヘラヘラしてるのでその通りです。ヘラヘラしてます。

なんでヘラヘラしてるかっていうと毎日楽しいからなんですけど、おそらく人よりも楽しいのハードルが低いんですよ。iPhoneでゲームしていれば楽しいですし、TwitterInstagramみてればそれも楽しいです。映画やTV番組を観てるときなんかももちろんで、部屋で1人本読んでいれば最高です。楽しいのハードルが異常に低いのが理由です。

 

 

 

久しぶりすぎてまともな文章になっていない感が拭えないですが、いかがでしたでしょうか。今回結構長めな回になっているので少しでも時間がつぶしになっていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

年内最後の長水路の試合を振り返る回

AbemaTVの格闘代理戦争を観てからK-1にハマり始めています。

こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191119191836j:image

今日の一曲 椎名林檎『歌舞伎町の女王』

少し前に椎名林檎様の最新アルバム『ニュートンの林檎』が配信されてから毎日聴いておりまして、今回はこの中から一曲選んでみました。全曲最高なんですけどとりあえずこの曲から是非一度聴いてみてください。

 

 

 

今回は、11月16、17日に行われた秋葉山選手権を振り返っていきます。TwitterInstagramでは結果をその都度投稿していたので知っている人もいるかと思いますが、感想や次に取り組んでいきたいことなども書いていくので最後までどうぞよろしくお願いします。

 

目標はこんな感じで設定していました。

それだけ事前に知っていただいた上で1レースごとに振り返っていきます。

 

まずは100mバタフライの予選です。

結果はこんな感じ。

f:id:aiverson:20191119193734j:image

目標タイムからは+0.75でしたが、自己ベストは更新して、ようやく5年間越えられなかった56秒の壁を乗り越えました。長くかかったものです。

泳いでるときは、「スタート上手くいったなー」ってのと「タッチ上手いこといったなー」と「やっぱターン後浮き上がってから長いなー」の3つぐらいしか思っていませんでした。3つぐらい感想を抱いているので、かなり普段通りの状態でレースをしてしまってた感じです。

 

次に100mバタフライの決勝です。

結果はこんな感じ。

f:id:aiverson:20191119195948j:image

久しぶりに決勝でも真面目に目標を狙ってレースをしたのですが、予選よりもタイムを落とし目標タイムから+0.81でした。

ターンして浮き上がるまでは予選よりも間違いなく速い気がしていて「結構楽しいなー」とだけ思っていました。ストロークをし始めるとお腹が潰される感じで苦しかったので「しんどいなー」って感じでした。映像を見ていてもそんな雰囲気は出ているのでそこそこ自分がどんな感じで泳いでいるかはわかってきたようです。

 

最後に50m自由形です。

結果はこんな感じ。

f:id:aiverson:20191119201231j:image

こちらも目標タイムには届かず+0.29でした。自己ベストは更新できましたが、なんとも微妙な消化しきれない感じです。

まずスタートに失敗して浮き上がりも上手くいかなかった気がしたので少し萎えモードでレースを行った感じでタッチも微妙な形になってしまいレース中は終わるまでずっと「あぁーあ」って思ってました。気持ちもタイムも消化不良という最近ではなかったレースになりました。

 

 

このレース結果を振り返ってみて次に取り組んでいくことでも書いて終わろうと思います。

取り組むことは3つあります。

 

まず1つが後半の強化です。

これに関してはずっと課題なんですが、一向に改善していきません。

すぐには解決しないとは思いながらもレース後にコーチに相談してみたところ

「相羽くんの後半の問題は根深いよ〜、4年でギリだよーはっはっは」

って言われました。

すみませんでした。大人しく地道に練習をしていきます。

 

もう1つはスタートの安定です。

今回50m自由形で微妙な感じで終わってしまったのはスタートの失敗が大きく影響していると思いました。いつ何時でも良い感じにレースをするためにも必須な能力になります。これもすぐに解決はしないと思いますが、少しずつやっていきます。

 

最後が“最初から諦めない”ってことです。

今回2種目とも大ベストを目標タイムに設定していましたが、正直達成できる気はしていませんでした。なんとなく経験上無理だろうと思っていました。で、諦めてる感じでレース前に推しと話してたところ「うわーいけないんだー最初から諦めちゃダメなんだよー」って言われまして。猛烈に反省しました。

 

2週間後に年内ラストの試合があるので、やってやります。

 

 

 

こんな感じでレースを振り返ってみました。いかがでしたでしょうか。何か感想や質問等がありましたらTwitterやらInstagramやらでいってきてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

想像しているほど甘くなかった回

集団に属しているにあたり協調性がなさ過ぎるのは少しばかり不便なのかもしれないという気がしてきました。

こんばんは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191102225152j:image

今日の一曲 Official髭男dism『115万キロのフィルム』

最近人気のバンドの1曲です。ストレートな純愛の歌詞で素敵な曲です。いつかこんな感じで思える相手を見つけてみたいものです。是非一度聴いてみてください。

 

 

 

今日は前回言ったように試合がありました。

体の動きは前日まで悪くなく、幸せもチャージしていたので目標にしていたタイムぐらいには届くと思っていました。が目標には予選が0.7秒ほど届かず、決勝ではさらにタイムを落としてしまいました。

泳ぎが少し変わってそれに適応できていなかったことや、睡眠が充分でなかったことなどいくつか理由は分かっているとはいえ、自己ベストぐらいはいけると思っていました。甘かったです。

ですが、試合は今日で終わりではなく明日もあります。明日はレースの距離も増えて今日以上に厳しい気はしますが、切り替えるのはかなり得意な人間なので元気に明日また頑張ろうと思います。

今日は応援ありがとうございました。

明日も応援よろしくお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。