こーへいのブログ

暇つぶしに覗いていってください。

新シーズン開始にあたって自分のテーマを決める回

「人は変わらないし変えられない」って高校教師に言われた時には、そんなことないって思ったけど、今になって思い出したってことは自分もそう思うようになった証明なのではと自分の考え方の変化に驚く毎日を楽しく生活しています。

こんにちは。こーへいです。

前回の更新から長らく時間が空いたのでブログ書くのをやめたのかと思っている人もいるみたいですが、気分が乗らなかったのと人生が楽しすぎてブログの存在を忘れていただけです。気にかけてもらえるうちが華だと思いますので、なるべく書くようにします。今後とも御贔屓にしてください。

 

 

さて、僕の所属しているチームでは10月19日より新シーズンが始まりました。

シーズンが変わるということで卒部式やら部内での役職決めやらの行事が行われて、最後にチームスローガン発表まで終わりスタートしたわけです。(ちなみに僕は副将という地位をゲットしたので形式上ではかなり偉くなりました、やったぜ)今シーズンのチームスローガンは『驀進』で、まっすぐ突き進む的な意味だった気がします。(記憶力が低いので間違っていたらごめんなさい)このスローガンの設定が良かったかどうかはシーズンが終わってみないことには判断しかねるので現状はスローガンに全乗っかりする以外の選択肢はありません。

が、そこで大問題発生です。

 

どこに向かって突き進めばいいかわからん!!!

 

要は僕の中での今シーズンのテーマがまだ決まっていないってことです。

昨シーズンまでは毎年『楽しく楽に』が最大のテーマでした。

「なら今年もそれでええやん」とか言われそうですが、僕の勘がそろそろ変え時と訴えてきているのですよ。確かに直近の2シーズンはシーズン最後の大会まで行けておらず楽しめてもないし楽でもないので勘はあてにしていいと思っています。

変えるとして、そんなことは僕の人生史上初なのでどう決めていいかわかりません。

目標をテーマにできれば手っ取り早いのですが、記録になってしまっているためにテーマには向きません。

あ、決めました。

 

『第二成長期』

 

これでいきます。最初から決めてたような急さでしたが、何かを決めるときは急に湧いてくる感覚を大事にしてあげた方が良いって誰かが言っていたのでこれに従おうと思います。

 

 

僕はテーマとか目標、夢などの理由は単純明快なものであるべきだと思っているのでこのテーマの理由も単純です。”めっちゃ成長したい!”この阿保みたいな一点のみ。

大学水泳としては中間地点を超えましたが年齢的にはまだ20歳、体力と技術共に伸びしろしか感じません。

『第二成長期』テーマ通りのシーズンにしますので、応援のほどよろしくお願いします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

できないことは伝えられないしできることでも伝えるのは難しい回

こんにちは。こーへいです。

僕のSNSやブログ、YouTubeなどをまとめたウェブサイト『こーへいの部屋』なるものを作ったので時間がある方は覘いてみてください。

kohei-website.amebaownd.com

 

さて今回は、Twitterで募集しているブログのお題箱Kohei Aibaのお題箱に来ていたお題に答えていきます。

そのお題がこちら

f:id:aiverson:20200906212946j:image

是非とも最後までよろしくお願いします。

 

 

一つのお題とみせかけて2つ考えなきゃいけないことがあるので順番に考えていきましょう。

〈ドルフィンキックを強くするには編〉

これに関しては一度書いたことがあるんですけど

aiverson.hatenablog.com

 もう1年以上前の回ですしせっかくお題をくれたので考え直していきます。というか何を書いたのか覚えていないので今僕が思っているドルフィンキックの速くなりかたを書きます。

 

ドルフィンキックを速くする方法は2つしかないと思います。

一つは、現状のテンポで押せる水の量を増やす方法

もう一つは、現状と同じ形でテンポを速くする方法です。

難易度でいうと後者のが圧倒的に低いと思うので、質問者さんにはぜひその方法で頑張っていただきたいと思います。

ですが、ただ頑張ってほしいでここの回答を終わらせてしまうと頑張れないと思うのでどうして速くなるのかと勘違いしがちだと僕が思うところもお伝えしておこうと思います。

速くなる理由は簡単な算数です。

15mまでに10回キックをして6秒で通過する人がいたとします。その人の一回当たりのテンポは0.6です。このテンポを0.01速くしたら0.59になり15m通過に必要な回数は10回なので5.9。とこんな感じで速くなれると思います。

ここで勘違いしてほしくないところは、テンポを上げるときに形までは変えちゃいけないってところです。形を変えてしまうと進んでいた量が変化してしまうので上手くいかない場合があります。

こんなもんで理屈と気をつけるところを頭に入れて頑張ってください。

 

 

 

〈100mバタフライの後半を泳ぎ切るために編〉

50mは泳げるけど100mは泳ぎ切れないってことだと思うのであと必要なものは根性だと思います。

水泳は格闘技のように意識が飛んで文字通り動けなくなるような競技ではありません。(レベルによるかもしれませんが僕の見てきたレベルではなかった)そのため途中退水してしまうのは自分の気持ちに負けたからだと思います。

なので僕からいえることとしては、絶対に泳ぎ切るという気持ちをもって頑張ってください、これだけです。あまりに短い結論なので申し訳ないのですがこれが精いっぱいです。頑張ってください。応援してます。

 

 

 

お題に答えてみましたがいかがでしたでしょうか。

ブログを更新するのが久しぶりでだいぶ拙い文章になっている気がするのでここからまた少しずつ更新して感覚を戻していこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自粛を経て精神が良い感じになってきた回

テレビやネットを観ていて思う感想が偏ってきて自分のことをさらに好きになれそうなので今日はそれを書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

 

 

その感想の偏りを1番感じたのはテレビCMを見たときです。

たしか「現代人はタンパク質が足りてない!」的なCMだったと思います。自粛前の精神状態であればなんとも思わなかったでしょうが、今の僕は気分が充実しているのでスルーしませんでした。

 

“うるせぇ黙れよそんなわけねーだろバーカ国が豊かになってんだから現代人が歴史上1番栄養素足りてるだろそんなに現代人を悪く言って食べる飯はうまいかお茶の間を不安にさせて食う飯はうまいのか”

 

僕はそこそこ恵まれた環境で育ったので、人の悪口は言わないように嘘はつかないように教えられてきました。ただその2つをクリアすることが非常に難しい時があるのです。感想が素直に悪口のときです。

2年ほど前までは嘘をつく方が自分に悪いと思い悪口を言っていたのですがいつしか悪口を言わない方に切り替わっていました。かなり心が荒んでいたのです。

自粛によって人と距離を物理的に取ることで嘘をつく必要の全くない生活になり荒んだ心が綺麗になったので良い期間だったなぁと思います。

 

だいぶ話がズレたように感じますが要するに、嘘つかないで生きていける精神状態に戻ったから嬉しいというお話でした。

優しい嘘極悪論をもう1度思い出して“よく生きる”とは何かを考えながら今の自分を生きていこうと思います。

 

最後に今日の一曲

f:id:aiverson:20200606224700j:image

NGT48『ナニカガイル』

NGT48が7月に久々のシングルを出すということでこの1曲。当時のメンバー全員参加のMVがYouTubeに期間限定公開されているので是非一度見てみてください。ハマると思います。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

早く上達させたいならセンス問われるのは教える側な回

今回は、センスって何かなぁとふと思ったのでそれについて書きたいと思います。

 

僕は競泳を専門種目として取り組んでいます。競泳は決められた距離を決められたルールの中でいかに速く泳ぐかという種目なので、選手はどうしたら速く泳げるかを考えながら練習しています。全選手がそうしているにも関わらず速さは当たり前のように異なります。

その速さが違う理由の説明で僕がよく使う言葉がセンスです。ほとんどの人がそのように言ったら折り合いをつけて納得してくれるので特に考えもしませんでしたが、センスってなんなのでしょうか。

 

少しだけ考えて出した結論としては、“こうしたら事態は改善するんじゃないかって勘”です。

競泳であればこの勘があるひとほど、「自分が速く泳ぐのを妨害しているのはこれだろう」となるのでじゃんじゃん速くなるわけです。

 

センスの正体が分かったところで別にセンスがある人には勝てないから知ったところで意味ない気がしますがそんなことはありません。

気持ちの面で大いに意味があります。

 

例えば、自分がセンスのかけらもない掃除を任されたとして、センスのかけらもないので自分の中でやれるだけやったのに文句を言われたとしましょう。

センスの正体が分からない状態では、自分のセンスのなさに絶望し依頼人を逆恨みする事しかできなかったはずです。

しかし正体がわかった今であれば、自分に任せる時点で依頼人も人を見るセンスがないんだと同情する余裕が出てきます。

この2つでどちらの方が心が楽かは言うまでもありません。センスの正体を知るのも意味があったと思いませんか。

 

ここまでセンスに関して書いてきましたがいかがでしたでしょうか。僕は書きながら指導者にはなりたくないなと思っていました。僕みたいなしょーもない生徒がいる可能性があると思うと辛過ぎますから。

最後に今日の一曲

f:id:aiverson:20200524161122j:image

BENNIE K 『Dreamland』

10年前ぐらいの曲を聴くのが少し僕の中でブームなだけです。1年に何度かこのブームくるんですよね。まぁどーでもいいですけど。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ものは言いような回

他人の苦労話を聞くたびに自分はそんなに苦しめられてないから良い人生送ってるなーと幸福度が上がるので是非苦労話を色々聞きたいなとか思ってる今日この頃です。

こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20200224140007j:image

今回の一曲 ファボラス『My Time』

これは総合格闘家堀口恭司選手が入場曲で使用している一曲です。カッコいいですし曲名が好きです。大事な時の前に聴くとゾクゾクできるので是非聴いてみてください。

 

 

今回は久しぶりにTwitterで募集し続けてるお題箱https://odaibako.net/u/Kohei_aibaにきたお題で書いていきます。

そのお題はこちら。

f:id:aiverson:20200224140811j:image

最後までどうぞよろしくお願いします。

 

 

早速本題。

今のチームは一言で表すと、関西で2、3番で全国で20番以内に入れるぐらいのチームです。

このチームが競技レベルが高いと感じるかどうかは読んでくださる人にお任せしますのでこれ以上書くことはありません。

 

とはいえ、ここで終わると短すぎる気がするのでもう少しチームに関して書こうと思います。

どのようなチームが理想かという話です。

僕は、他人にいちいち口出ししないチームが理想だと思っています。

“いちいち口出ししない”の部分が上手く伝わらないと、誤解を生みそうなのでちゃんと説明します。

僕の中で“いちいち口出しする”というのは何かしている時にわざわざ否定的なことを口に出して言ってくるということです。人間の脳は思い込みによって発揮されるパフォーマンスが変化することがわかっているので、そのような人がチームいない方が良いわけです。

要するに周りに肯定的な人しかいないチームが理想だってことになるのですが、初めからそのように書くと独裁者になりたい願望がだだ漏れで品がないように感じたので少し遠回しに書いてみました。

 

 

お題が短すぎたので少しだけ理想のチームについても書いてみましたがいかがでしたでしょうか。僕には堂々と独裁者になりたいと書く勇気はありませんでしたがいつか欲望剥き出しのを書いてみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。また次回もよろしくお願いします。

好きな漫画見つけたから語りたい回

自粛期間は無料公開されている本が多くて助かるなと思って過ごしています。

こんにちは。こーへいです。

 

今回はタイトルの通り好きな漫画を見つけたので語る回になります。

自粛期間が長く続いており、家で時間を持て余している人もいると思うのでそんな人は是非今から紹介する漫画を読んでみてください。

それでは今回もどうぞよろしくお願いします。

 

 

今回見つけた好きな漫画というのがこちら

f:id:aiverson:20200430182112j:image

『図書館の大魔術師』でございます。

本の帯にもあるように30万部を突破している結構売れてる漫画なのでご存知の方も多いかと思いますが、さも僕が最初に見つけたかのような気分で語らせてください。

 

まずはどんな話かを最大限に簡単にいいますと

“小さな村に暮らす容姿が周りと異なる為に迫害されている少年が大都会から来た使者と出会って成長する”ってお話です。

 

この漫画の何がオススメポイントかというと、王道ど真ん中のストーリーです。

主人公は迫害される側のキャラで、そこに現れる主人公に希望を与える大人。その背中を追いかけて成長し周りの評価も覆していくありがちな話。これが良いんです。

ありがちなくさいセリフもしっかりあります。f:id:aiverson:20200504173717p:image

王道は1番多くの人を惹きつけるから王道なんだって再確認できます。

 

「そんなわかりやすい話よりも伏線が張り巡らされてる回収されるまではもやもやした話のが好きなんだよ!」って思っているミステリ小説大好きな人も安心して是非読んでください。

分かりやすい典型みたいな話の展開の中にも考察要素は充分に散りばめられています。

例えば表紙で当たり前のように書かれている原作と著者ですが、どちらも実在しないものです。「じゃあ書いた原作者はどんな人?」「風のカフナって誰を指してるの?」などなど思考させる要素は十分にあります。

 

どうしても読んで欲しい故に中身を何一つ触れていないので伝わりづらい気がしていますが、要するに“ムッチャ面白いから読んで!”ってことです。

もし読まれた方がいらっしゃいましたら是非とも連絡ください。語り明かしましょう。

 

 

最後に今日の一曲

f:id:aiverson:20200508152834j:image

ベイビーレイズJAPAN『SHOW TIME』

明日のこととか一旦忘れて、今日の今この瞬間に全力投球って感じの一曲です。ベイビーレイズJAPANは応援ソングが多いので聴いてて元気が出ますのでこの機会に是非1度聴いてみてください。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

試合をまとめて振り返る回

周りがあまり褒めてくれないのに自分も自分を褒めない人は人生自主的にハードモードにもっていってて凄いなとか思って今日も生きてます。こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20200224102854j:image

今日の一曲 ベイビーレイズJAPAN『ラブレター』

なぜか聴きたくなって聴いて泣きそうになりました。グループが解散して1年と半年ぐらい経つんですね。時が過ぎるのは振り返ると早いです。

 

 

今回は去年の終わりの方の試合から2週間前にあった試合まで計5試合を一気に振り返っていきます。各試合毎に振り返っていればこんなことにはならないのですが、サボりまくってたので一気にいきます。そのため、1試合毎の感想は短くなりますがご容赦ください。それではいきます。

 

 

11月16~17日 秋葉山選手権(長水路)

100mバタフライ

予選 55.74 前半 25.74 Best🔥🔥

決勝 55.80 前半 25.41

50m自由形

予選 24.28   Best🔥🔥

この試合は出場レース3に対してBestが2あるのでおそらく良い感じだったのだと思います。もう去年の話なのでほとんど覚えていないですけどきっと良い感じでした。

 

11月30日~12月1日 関西学生冬季公認(短水路)

50mバタフライ

タイム決勝 24.14 Best🔥🔥

100mバタフライ

タイム決勝 52.89 前半 24.54 Best🔥🔥

200mバタフライ

タイム決勝 2:02.23 前半 55.92 Best🔥🔥

この試合は出場レース全てBestなのでめっちゃ良かったのだと思います。泳いでた感じとかはもう1ミリも覚えていませんが。

 

1月11~12日 和歌山県短水路(短水路)

50mバタフライ

予選 24.31

B決勝 24.30

100mバタフライ

予選 52.99 前半 24.59

B決勝 53.01 前半 24.59

200mバタフライ

予選 2:01.93 前半 55.49 Best🔥🔥

B決勝 2:06.66 前半 56.65

この試合は結構しんどかった気がします。200mバタフライのしんどさが想像を遥かに超えてきて試合を丸ごともっていかれた感じだったと思います。レースの申し込みはもう少し気をつけてしようと思った試合でした。

 

1月25~26日 浜名湾(長水路)

50mバタフライ

タイム決勝 25.86 Best🔥🔥

100mバタフライ

タイム決勝 55.43 前半 25.45 Best🔥🔥

50m自由形

タイム決勝 24.26 Best🔥🔥

この時は全レースBestでしたが全部もう少し速く泳げるかなとか思っていました。自惚れが凄いですよね。ごめんなさい。反省してます。

 

2月8~9日 わかやまオープン(短水路)

50mバタフライ

予選 24.49

決勝 23.90 Best🔥🔥

100mバタフライ

予選 52.77 前半 24.72 Best🔥🔥

決勝 52.52 前半 24.15 Best🔥🔥

50m自由形

予選 23.50 Best🔥🔥

最近の試合ですが、良く頑張って泳いだなって感じです。予選決勝でBestを出すなんて中学生ぶりだと思うのでラッキーなことはあるもんですね。ついてました。

 

 

ざっと振り返っていきましたがいかがでしたでしょうか。僕の感想としては、運が良いなって思いました。Bestが出る確率は50%なはずなのにこんなにだせてるのは高校の時の運が一気に流れてるからだと予想してるので、こっからが大学での運な気がしています。はてさて大学での僕の運勢はいかに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。