こーへいのブログ

暇つぶしに覗いていってください。

答えはいつだってシンプルな回

強化週が辛すぎて頭がまともに働かなくなってきています。何か変なことを言う可能性が極めて高いですが、「こいつは疲れているんだな」ぐらいで優しくしてくれると嬉しいです。

こんばんは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191023212341j:image

今日の一曲 サンボマスター『世界をかえさせておくれよ』

何年か前に飲料水のCMで使用されていた曲なので一度は耳にしたことがあるかと思います。いつか僕もこれぐらい胸の高まる恋をしてみたいものです。とにかくいいので是非一度お聴きください。

 

 

 

本日遂に、僕のpullが遅い理由の答えを聞いてきました。

今回初めてこのブログを読む方は何のことやら分からないと思うので以下の記事を読んでみてください。

aiverson.hatenablog.com

  

で、その答えを聞きにいった解答が実にシンプルで、想像をしていなかったものでした。

聞きにいったときのやり取りは以下の感じでした。

 

コーチ(以下コ)「考えた結果遅い理由はなんだと思う?」

自分(以下ジ)「すごく意味が分からないことを言うと思うのですが、頭の中の考えと感覚が違うんです。pullのときの方がswimのときより足が沈んでいるというか何というか…」

コ「まぁ普通に考えたらpullの方が浮くはずだよね。だけどその感覚は間違ってないよ。」

ジ「だとするとpullが速くなりようがないというかなんというか…」

コ「そうだよ。相羽くんのpullは無理だよ。速くならないよ。ハハハハ」

ジ「あ、えーっと、ん⁉︎」

コ「今までずっとpullのバタフライ遅いでしょ?」

ジ「まぁ、はい」

コ「そーゆーことなんだよ。体のリズムでかくタイプだし、パドルをswimのテンポで回す力もないでしょ?」

ジ「回せないです」

コ「じゃあ無理でしょ。かける力が身につくまでPPのバタフライやらなくていいよ。そこは全部PSで。」

ジ「あ、はい。わかりました。ありがとうございます。」

 

簡単にまとめると、“パワーがつかない限り一生無理やで”と宣告されたのです。

まさかの展開です。ずっとpullのときは何か技術的に酷いところがあると思って考えていたところでまさかまさかのパワーでした。なんてシンプルな答えでしょうか。

しかも、それ以外では速くなりようがないという事件です。「尋常じゃない伸び代を抱えているから楽に速くなるわ」とか思っていたところが1番楽できない要素しか伸び代がないらしいのです。なんて幅のない伸び代でしょうか。

もう愚直にフィジカルのトレーニングに励むしかないようです。尋常じゃなく苦手なジャンルを取り組むときがきてしまったようです。

 

まだ取り組む覚悟は固めれていませんが、近いうちに頑張り始めようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

バタフライのコツは背中でグワッ⁉︎な回

部屋でゆっくりできるときに本をあまり開かなくなっていることにふと気づき、日々のストレスに適応してきたなーって思った今日を過ごしていました。

こんばんは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191022193722j:image

今日の一曲 Rake『100万回の「I love you」

スーパーメジャーなあの曲です。とても素敵な声で聴いててとても心地がいいです。ただ一点だけ毎回気になってしまうのですが、いくらなんでも100万回は言われたらウザくないですかね。女子的にはそれぐらいがちょうどいいんでしょうか。

 

 

 

さて、今回のタイトル“バタフライのコツはうんたらかんたら”ですがこれだけみて「あーなるほどね、分かったわ」ってなる人はいないと思います。いたらとしたらそれはそれで怖いので黙っててください。

これは今日の朝練の終盤で急に感じたバタフライの感覚です。このような感覚を言葉にするのは大の苦手なので今までは思っていたとしても考えていないの一点張りで逃げていました。ただたまには苦手なこともやってみるもんだとどっかで聞いたので今回はそれを言葉にする挑戦をしたいと思います。それではいってみましょう。

 

 

 

まず最初に断っておきたいのですが、これは僕が感じた感覚を言葉にするのであってそれが本当に大事なポイントなのかは全く知りません。あくまで僕的に「速いんじゃね?」って思っただけなのでこれで速くならなかったとしても一切の責任は取りません。ご承知ください。

 

では、そもそも“グワっ”がどこのタイミングで起きるかと言いますと、リカバリー動作の最初水面から腕を抜いたときです。

そのタイミングでどこかに力を入れるわけはありません。脳内イメージ上では、肩甲骨の下角を外に開く感じです。泳いでいる進行方向に持ってくるとかは考えずに、腕が水面に出たその場所でただただ開くのです。

そうすると、腕がめちゃくちゃ楽に前にきます。理由は知りませんが適当に考察するに、

 

腕は鎖骨と肩甲骨から手まで

→肩甲骨は腕の付け根

→そこが動けば全部勝手についてくる

→腕に力入れなくてOK

 

的な感じではないかと思います。この理由は適当なのでさておき、感覚をまとめて終わりたいと思います。

 

“グワっ”=腕が水面に出た瞬間に肩甲骨を開く動作のこと

 

 

 

今回はいかがでしたでしょうか。

感覚を言葉にするのは大事とか言われますが今回書いてみて改めて、感覚で話していて理解してくれる人と喋っていたいと強く思いました。

この記事について何か意見や感想等ありましたら遠慮無く送ってきてください。ちゃんと反応はします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

相羽的Pullが遅い理由の結論だす回

強化週の初日にして限界を叩いた気がしてならないので明日からどーやって逃げ切るか必死に知恵を巡らせております。

こんばんは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191021203002j:image

今日の一曲 ドミコ『ペーパーロールスター』

AppleのCMでも使用されている曲です。天下のAppleのCMに使われるだけあってめちゃくちゃカッコいい曲です。是非一度聴いてみてください。

 

 

 

今回のタイトルにある“Pullが遅いうんたらかんたら”ですが初めて読む人はなんのことやらわからないと思います。なので出来るだけ簡単に説明しますと、先週あたりに僕のPullに伸びしろが凄いことが分かりその理由を考えてみなとコーチに言われたのを今日まで逃げてきたってことです。逃げてきたと言うと少し聞こえが悪いですが、もう完全に分からないのです。先輩にヒントを貰おうとも全くです。これかなっと疑う選択肢さえ浮かびません。

これでもかというぐらいお手上げ状態なのでもう答えを聞きにいこうと思っています。

 

しかし、いくらなんでも手ぶらで白旗だけ頭に刺して答えを聞きにいくのは良くない気がするのです。だったらとんでもなく的外れでもいいから1つぐらい意見を考えないといけません。

それをここで考えようと思います。それではいってみましょう。

 

まず、僕のPullが遅いということが判明したデータの紙によるとバタフライの選手はスイムに対してかなり近いタイムでプルができるようです。水泳は平泳ぎ以外は腕で推進力の大半を生み出してるとか聞いたことがあるのでおかしい事ではなさそうです。そうなると僕は普通のことができていないということになります。

ここで僕が思っている普通とはスイムと同じストロークができているということです。

スイムと同じストロークができていないとするとなにが違うかを考えないといけません。

思いつくのでいくと、手が外をかいている感じはあるかもしれません。手が前に入ったときに体がのってこないのでその状態でかけるほどの力はなく外に逃げてる気がしないでもないぐらいですが。

だとすると単純にフィジカルの弱さのせいになってしまいます。ここにきての技術じゃなくフィジカル問題ってのはすごく求められている回答ではない気しかしません。が、一応1つのヘナチョコな武器ができたのでこれでいってみようと思います。

また結果は報告しますのでお楽しみに、といった感じで最後まで読んでいただきありがとうございました。

速く泳ぐためにはどうすればいいか会議#2

〈はじめに〉

こんにちは。こーへいです。

今回は『速く泳ぐためにはどうすればいいか会議』の第2回目になります。前回をまだ読んでいない方はそちらから読んでいってください。

aiverson.hatenablog.com

 

前回を読んでいただいた前提で進みます。

前回書いたように、ストリームラインを意識して1週間練習してみたのでその振り返りから始めます。

 

やってみて分かったのですが書いていた通り、基礎中の基礎であるストリームがきちんとできていないことが多くありました。やはり、基礎を飛ばす癖は健在のようです。強度の高い練習になればなるほど適当になってしまっていたのでおそらく試合の疲れてきてからもできていないと思います。ストリームラインがきちんと組めているときといないときではドルフィンキックのノリも違ったように思ったので、これは良い気づきでした。きちんとストリームラインを組む癖がつけられるまで継続していこうと思います。

 

 

 

〈最高の睡眠なくして最高のパフォーマンスなし?〉

前回でストリームラインをやってしまったので頑張らずに速くなれそうな場所がなくなってしまいました。このシリーズは出来るだけ楽に速くなることが目標ですから、次の展開としてはストリームラインの次に楽で伸びそうなところを探すのが妥当でしょう。

しかし、僕はそんな発想はしません。(その発想ができるような人なら、こんな性格は捻くれていないはず)逆にもっと楽に速くなれる部分を考えます。

練習ではストリームライン以上に楽な部分はおそらくありません。となると練習の中で考えていてはいけません。練習以外の部分で自分の能力を高めることを考えます。

。。。

ちょっと待ってください。そもそも現状の最高のパフォーマンスを発揮できたことがあるのでしょうか。平日を5時間にも満たない睡眠時間で過ごし、レース当日も6時間いかないような睡眠時間で挑んでいるのです。それで練習でタイムが悪いだ、試合でタイムが遅いわだとか言っているのは自分に都合が良すぎます。そもそも現状の最高のパフォーマンスを発揮する状態にないのですから、それで期待するのは鬼畜すぎです。

なので今週は、睡眠時間を増やしてみるってのでいってみようと思います。

では具体的にはどうやって睡眠時間を増やすかですが、寝る時間を決めてしまうのが1番手っ取り早いでしょう。起きる時間はまだ遅くできるような部活の身分ではないのでそっちの変更は無理です。寝る時間はシーズンオフが明けてからはだいたい0時半ぐらいになっています。ただの30分ほど早めたぐらいでは変化が感じられないと思うので、23時に寝るようにしようと思います。

シンプルな時間だけではなく睡眠の質とやらもどうせなら向上させてみたいと思います。どうやら電子機器から発せられる光は脳を覚醒させてしまうそうなので22:45からはiPhoneとTVの使用をやめてみようと思います。一度睡眠の質を向上させようとして寝る30分前からiPhone等の使用をやめたことがあるのですが、iPhone大好きな僕としてはストレスが尋常ではなく逆に起きてしまいました。なので今回は15分でいこうと思います。

 

今週のやってみることは、

“睡眠時間を増やす”

で具体的な策としては、

1.寝る時間を決めて宣言する

2.寝る15分前からiPhoneとTVをやめる

の2つでいってみます。

 

 

 

〈おわりに〉

前回を書いたときに、今日の一曲はなんですかとの質問がきてあのコーナーに需要があることがわかったので最後にそれを載せて終わろうと思います。

f:id:aiverson:20191020211712j:image

今日の一曲 椎名林檎『公然の秘密』

数日前にリリースされた椎名林檎様の最新曲です。あの色っぽい声が堪らなく最高なのでとりあえず聴いてください。最高だってことは保証します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

やればできる子かもしれない回

1週間の練習が終わり、生がまだここにあることを非常に嬉しく思うと同時に生き延びた自分を甘やかしまくる日曜日が楽しみでしょうがありません。

こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191019212711j:image

今日の一曲 嵐『A・RA・SHI』

2020年いっぱいで活動休止が決定しているスーパーアイドル嵐のデビュー曲です。超メジャー曲で聴いたことがない人はいないかもしれません。曲の最後の静かな感じのとこが1番好きなのですが、誰か共感してくれる人いませんかね。

 

 

 

今日のタイトルにある“やればできる子かもしれない”というのは、今日の練習を終えての感想です。自惚れがすごいとは自分でも思うのですがそれぐらいに今日は頭がおかしかったのです。具体的におかしかったポイントとしては2つです。

まずは練習のメイン選択で自らの意思で100mのメインを選びました。他に50mと200mの選択肢があったのにも関わらず50mを選ばなかったのです。いくらコンディションが悪かろうが短い距離を選び続けてきた僕がです。

もう一つの方が自惚れる原因になるのですが、100mのメインなのに意外と耐えたってことです。意外ととか言ってもよく分からないと思いますので、メニューとタイムを開示します。

メニューは、100×10 2:30 s1 200の後半+2 というシンプルなものです。

タイムはこちら。

f:id:aiverson:20191019215110j:image

メニューの内容からすれば僕は200mバタフライの後半+2秒で泳げばいいわけです。大学で唯一200mバタフライに出たときの後半が1:19なので本来は1:21でいいはずなのです。それがどうでしょう。まさかまさかのアベレージは1:03.5ですよ。これはもう自惚れずにはいられません。目標-18秒ですよ。もう奇跡です。もっと褒めてって感じです。

 

 

 

で今回何が言いたいかというと、これからは自分にもっと期待して生きていきますって宣言です。

自己評価が高いと失敗したときのダメージが大きいので限りなく低く生活していましたが、何となく自分に期待して生きた方が面白そうな気がしてきました。できるんじゃねーかって思ってやってみたら今日みたいなことが起こるかもしれないので。

「わざわざ宣言する必要あった?」とか言われそうですが、あると思ったので宣言してみました。

自分に自信ない奴に期待するのはそいつが上手くいかなかったときの言い訳が利きませんし、される側もきついと思います。なので本人が言っちゃえば、そいつが言ってたからって言い訳ができるので期待しやすくなるのではないかって発想です。

 

まとめますと、僕は自分に期待してみようと思うので皆さんも僕に期待してくださいってことです。

ちゃんと期待された分頑張ります。結果だします。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

1日じゃ簡単には解けないって思った回

歌うことへの興味が唐突にでてきたのでギターでも買ってYouTubeをやろうと思いはじめました。割と本当にやろうと思ってるので楽しみにしていてください。

こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191018214255j:image

今日の一曲 シクラメン『BRAND NEW DAY』

大阪体育大学の学園祭にくるアーティストの最新曲です。壮大な感じの曲です。熱い系が好きな人は好きかもしれません。とりあえず聴いてみてください。

 

 

 

今回のタイトルにある“解けない”ってやつですが、僕にしては珍しく前回の記事の続きです。

まだ読んでいない方は是非こちらからよろしくお願いします。

aiverson.hatenablog.com

 

 

とはいえ、読んでいただいた前提で進むのはあまりにも都合が良すぎるので簡単に振り返ります。

 

“Pullの伸び代がハンパねぇ”

 

こんな感じの回でした。ざっくり理解していただければいいのでこんなもんです。

で、伸び代がハンパないのに解けていないってことは改善方法が全く分かっていないということです。本当にさっぱりです。しかし、考えれば分かることですがこれがすぐに解けるようなら僕はとうの昔にもっと速くなっているのです。気づけもしないで違和感もなかったのでこの状況になっているので、1日で思いつかないのは当然です。

 

ただ、全く進歩のない1日を過ごしていては一生答えには辿り着けません。僕は反則ギリギリの行為にでました。答えを知っている先輩にヒントを求めたのです。一歩先輩が口を滑らせてしまえば答えが分かるという禁じ手です。そして先輩のくれたヒントは以下の通りです。

 

・抵抗が大きいまたはパワー発揮が下手のどちらかではなくどっちも

・先輩との会話の中で出てきたことがある

・そもそもの考え方の時点で1つ間違いがある

 

おそらく1番の問題点は考え方のところでしょう。そこの時点でミスしてしまっては答えにたどり着くはずがありません。数学で使う公式を間違えているようなものです。終わっています。ほぼ詰みです。となると泳ぎの考え方を見直さない限り厳しいのでそこを考えてみようと思います。

 

僕の基本的な泳ぎの考え方としては、浮き上がってきたら体の位置が高くて真っ直ぐの方が速いだろうって考えです。なのであまり力強くストロークをするとかテンポを早くするとかは気にしていません。

この中でミスってる可能性として僕が高いと思うのは、ストロークそれ自体を気にしていない点です。泳ぎ全体のリズムの中でのストロークになっているのがそもそものミスでストロークはそれ単体で考えないといけないのではないかってことです。

 

とか考えていたら眠くなってきました。活動限界のようです。ここで粘って答えを出そうとするのは僕のモットー“明日できることは今日やるな”に反してしまうので終わりにしたいと思います。答えに辿り着くのは明日の自分に期待したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。おやすみなさい。

どうやらpullがやゔぁいらしい回

現在時刻が22:18で今日中に無事にあげれるのか激烈に心配になって焦っております。

こんにちは。こーへいです。

f:id:aiverson:20191017221930j:image

今日の一曲 マジカル・パンチライン『Magiかよ⁉︎BiliBili⭐︎パンチライン

大阪体育大学の学園祭にくるアイドルグループのデビュー曲です。正統派アイドルグループではないことはグループ名から分かると思います。聴いた感じ、結構好きな部類だったので応援していこうとと思います。是非一緒に応援しましょう。

 

 

 

今回のタイトルにも書きましたが、どうやら僕のバタフライのpullには伸び代が半端ないらしいのです。

とはいえ、現在のpullがどの程度かが想像し難いと思いますので、50×3 8分 1本づつKPS のタイムをお伝えしますと

K 25.7(NB)  P 28.6(Pad)  S 24.8  AllFly

ってレベルです。タイムをみただけで伸び代が凄そうな気はしていただけるかと思います。

で、更に凄いことに僕はこのPullがなぜに遅いのかが分かっていません。これぐらい極端に遅くて周りにもおいていかれるようなPullなのにです。ここまで遅かったら何か1つぐらいわかりそうなもんですが全く分からないのです。

 

「そこまで分からんならコーチに聞けよ!」とかはやめてください。今日聞いてみたら

「Pullがどうして遅いのかを考えた方がいいよ。でも先輩には答え教えちゃったから聞いちゃダメだよ。大丈夫、相羽君は天才だから分かるよ。ワハハハ」

って返されたんです。答えを聞きにいったら宿題を渡されるという鬼展開です。それが解けるなら聞きにはいかねーよって感じなんですが、言われてしまったら仕方がありません。頑張って考えます。

 

とは言ったものの全く見当がつかないので、聞いちゃいけないと言われた先輩に少し聞いてみました。すると衝撃的なことに「答えは複数回答だよ」宣言を受けました。完全に終わりました。ただの1つも捻り出せないような脳みそで複数の回答を導き出さなければならないのです。何という問題設定でしょうか。いよいよ鬼畜展開がすごくなってきました。

しかしコーチ曰く僕は天才らしいのです。ここで思考を放棄してしまっては天才の名が死にます。諦めるわけにはいきません。

、、、

、、、、、

ですが、今日この22:59の状態では頭もろくにまわっておらず結論にたどり着ける気が全くしません。なので今日は戦略的撤退で一旦寝て明日頑張って考えようと思います。逃げるわけではありません。あくまで、より良い回答にたどり着くための戦略的撤退です。そこだけ誤解の無いようによろしくお願いします。ちゃんと明日頑張って考えます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。おやすみなさい。